スポンサーリンク

簡単フレンチ!もやしのソース・ヴィネグレットサラダ

もやしでフレンチ、ソース・ヴィネグレット今日はフレンチなもやしサラダの紹介をしますよ。調味料が多そうに見えますがとっても簡単です。

レンジで作れるレシピもあるので、ぜひ覚えよう♪

スポンサーリンク

もやしのソース・ヴィネグレット

もやしをソース・ヴィネグレットで和えて作るサラダですよ♪
フランスのサラダ料理で定番のドレッシングなんです。材料は本当に簡単で、このドレッシングを食べた人に「う、旨い!レシピ教えて!」って言われます。

ほぼ100%だね(笑)

では材料と作り方を確認します!

材料と作り方

食材分量(2人分)
もやし1袋(200g)
にんにく1かけ
オリーブオイル大さじ1
レモン汁小さじ1
マスタード小さじ1
少々

調理時間の目安 10分(冷ます時間は抜きです)

レモン汁がなかったら「酢」でもokです

市販のイタリアンドレッシングでも代用できるけど、マスタードは入れてね!

  1. にんにくの芽を取り、細かめのみじん切りにする。

    チューブの場合は2cmを目安にしてください

    にんにくのみじん切り

  2. フライパンへオリーブオイル(大さじ1)をひく。にんにくを入れて弱火で香りを出す。にんにくを炒めて香りを出す
  3. いい香りがしてきたら、もやし、塩を入れる。よく混ぜてフタをして3分蒸す。

    塩は小さじ1/3が目安だよ、後で味の濃さは変えられるから安心してね♪

    もやしを入れる

  4. もやしが熱くなったら火を止める。少し冷ましてからレモン汁とマスタードを混ぜてかける。

    味を染み込ませたい場合は「熱いうちに」です

    あっさり仕上げたい場合は「よく冷ましてから」だよ

    マスタードとレモン汁を混ぜる

  5. 味見をして塩で整えます。お好みで黒こしょうをふっても美味しいです。もやしのソース・ヴィネグレットの完成写真

レンジでも作れるレシピ

こんな感じでレンジでも作れますよ♪

  1. タッパーor耐熱の器へもやし、刻んだにんにく(チューブでもok2cmを目安)、塩(小さじ1/3)を入れて良く混ぜる。
  2. ラップorフタをかぶせて600wのレンジで3分温める。

    温まりが悪かったら1分ずつ加熱を足してね

  3. オリーブオイル(大さじ1)、レモン汁(小さじ1)、マスタード(小さじ1)をよく混ぜる。もやしと良く和えたら完成!

    味の染み込み加減はフライパンと同じなので、参考にしてください。

ポイントは「マスタード」

このレシピのポイントはマスタードです。マスタード以外を混ぜてもおいしいドレッシングができるんですけど、ほんのりした辛味と酸味はマスタードでしか出ない味なんですよ〜。

余ったらパンにつけてもいいですし、焼いたお肉、ハムで巻いても美味しいおかずができます。1つあるとレパートリーが広がりますよ。

チューブの物で1本100円くらいで売っています

1本あると色々使えるよ♪

まとめ「ソース・ヴェネグレットって言ってみたい」

もやしをフレンチのサラダに大変身させてみました!ほのかな酸味、辛味。そこへにんにくのパンチが入るので、もやしだけのサラダとは思えない旨さに仕上がりました♪

しかも特別な材料を使っていないのに、美味しいサラダができましたね

もやしのフレンチドレッシングサラダって言えばいいですけど「もやしのソース・ヴィネグレット」って言ってみたかったんです(笑)なのでこむずかしい感じになりました、(笑)

ただのカッコつけですね

だって言ってみたかっただもん。今までにないフレンチなもやしをぜひ、楽しんでね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました